日本の食について、考えてみませんか?

16684085_1273693096047181_9084724007280170288_n

みなさまご存知のように、和食にはハレの日、ケの日という2つの概念があり、ハレの日の食事はイベントに伴うような、見た目も豪華で、味も脳に印象が強くわかりやすい美味しさのお料理です。そしてケの日の料理というのは、地味だけれども細胞のひとつひとつが喜ぶような、しみじみとした味わいのある毎日のお料理です。

今の日本は毎日が「ハレの日」のよう。町には世界各国のあらゆる「脳においしいお料理」があふれています。こういったお食事を毎日続けることは、身体にはとても負担だと思われます。
私は「ケの日の食事」を大切にすることが、健康維持のために重要であり、和食文化の継承にもつながり、ひいては日本人の精神性にも深く影響するものと考えています。

こちら、矢作直樹先生の「我が国の歴史文化塾」にお食事を提供している石原さんの思いです。みなさま、いかがですか?日々のお料理について、身体に優しい食事とは、すこし考えてみませんか。こちらにも私たちの思いを書いております、ぜひ一度、お読みいただけると幸いです。

日々の食卓は、シンプルで身体に優しい「ケ」がいい

毎回、東京会場で軽食を提供しております。お会いできることを楽しみにしております。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です