力士の体脂肪率の嘘について!実際は低い?高い?平均はどのくらい?

相撲その他

こんにちは!

日本の文化調査隊の美緒です。

 

二か月に一度行われる大相撲。

力士たちの白熱した戦いに、くぎ付けになってしまいますよね。

そこで、否が応でも目に入るのが、力士たちの「体」。

 

このページを訪れてくれたあなたは、力士の「体つき」について、かなり、気になっていますよね?

 

・明らかに「太って見える」力士

・「(相撲取りとしては)細マッチョ」な力士

・「太って見えるけどよく見ると筋肉がついてるのがわかる」力士

 

力士は廻し以外、布を身にまとっていないので、体つきがよく見えます。

力士は、私たちの見た目通り、

「太っている」の?

それとも「痩せている」の?

 

調査しました!

 

公表されている数字をご紹介しながら、その真相に迫ります。

ちまたで噂になっているウソ!ホント!も読み解きますよ~

 

どうぞ最後までお付き合いください!

力士の体脂肪率の嘘?ほんと?

力士は見た目に、太っている人が多いですね。

一方で、力士は立派なアスリートでもありますよね。

 

太っているけど、アスリート。

アスリートということは、体脂肪率低いのかな?

 

力士は特別なトレーニングと食事で、一般人とは違う体の構造になっているのかもしれない!

だって、アスリートだから。

 

そんな前提があるのか、ないのか、ネット上では、力士についていろんな噂が飛び交っています。

力士は肥満体形だけど、体脂肪は低いらしい

力士の体脂肪は15%くらいのようだ

力士は肥満体

力士の体は筋肉の塊

 

 

さて、このような噂話は、嘘でもあり、ホントでもあります。

 

なーんだ・・・

ってがっかりしないでくださいね。

 

2023年4月現在、日本相撲協会で力士として登録されている人数は、序の口力士から幕の内力士まで合わせて603人。

柔道やレスリングのように、体重による階級が設定されてない、いわゆる無差別級の相撲では、体格差のある力士同士が戦います。

だんぜん、体の大きい方が有利になります。

 

想像してみてくださいzzz

 

体重50kgの人と体重100kgの人が、ドンっ!と真正面からぶつかった場合、どちらが勝つと思いますか?

 

言うまでもないですよね。

 

だから、みんな体を大きくしたいんです。

たくさん食べて、体を大きくしたいんです。

大きくしたいんです!

 

でも。

 

みんながみんな、大きな体になれるわけではないのですよ。

残念ながら。

小兵(こひょう)力士と言われる、体の小ささを武器に活躍する力士もたくさんいますね。

現在、NHK大相撲中継の解説で活躍の舞の海秀平さんとか、翠富士関とか。

 

次の章では、実際に、力士の体脂肪率がどれくらいなのか見てみましょう。


力士の体脂肪率は低い?高い?

公表されている力士の体脂肪率は以下の通りです。

 

現役力士では

碧山 39%

妙義龍 22%

 

過去に活躍した横綱では

千代の富士 10.3%

白鵬 29%

 

これがどのくらいの数値なのか、一般的な男性の体脂肪率表でみてみましょう。

やせ 標準 軽肥満 中等度肥満 重度肥満
10%未満 10~20%未満 20~25%未満 25%~30%未満 30%以上

 

つまり、

碧山 39%(中等度肥満)

妙義龍 22%(軽肥満)

千代の富士 10.3%(やせに近い標準)

白鵬 29%(軽肥満)

 

ということになり、千代の富士以外は、軽肥満以上ということになりますね。

やはり、見た目通り、「肥満」でしたか。

 

でも、ちょっと、「あれ?」

と思いませんか?

あの体つきで30%って、ほんとかな?

と私は疑問に思ってしまったのです。

 

そこで!

力士の身長、体重でBMI値を計算してみると驚くべき結果が!

 

 

日本肥満学会では、BMI値(=体脂肪率)を以下の計算式で求めています。

BMI値=体重kg÷(身長m×身長m)

 

これらの数値を、BMI値の計算式で計算すると・・・

・碧山 51%

・妙義龍 44%

・千代の富士 37.9%

・白鵬 40.9%

 

つまり

・碧山 重度肥満

・妙義龍 重度肥満

・千代の富士 重度肥満

・白鵬 重度肥満

ということになります。

 

なにを言いたいかというと。

力士を含めたアスリートは、筋肉量が一般人に比べて多くあるので、一般的なBMI値の計算式は当てはまらない、ということになります。

 

力士は体脂肪もありますが、筋肉も一般人よりもたくさんあるということがわかりますね。


力士の体脂肪率の平均はどのくらい?

力士の体脂肪率の平均は32.5%と言われています。

では、筋肉量はどのくらいあるのでしょうか?

体格によって様々ですが、筋肉量100kg前後あるともいわれています。

 

そう!

力士の体格って様々ですよね。

背が高く、ふくよかな力士もいれば、細マッチョな力士もいますね。

ここからは、力士の体格についてのお話をしましょう。

アンコ型とソップ型

力士の体格は大きく二つに分けられます。

アンコ型

太ったお腹が出た体形の力士のこと。

太ったお腹が「アンコウ」に似ていることから、そう呼ばれました。

力士は、このアンコ型が圧倒的に多いですね。

高安関とか琴ノ若関、貴景勝関、などはアンコ型の代表でしょう。

 

ソップ型

細く筋肉質な体形の力士のこと。

ソップとはスープの意味で、ちゃんこ鍋のスープを取るために使われる鶏だしのように痩せていることから、そう呼ばれました。

ソップ型の代表力士は、なんといっても昭和の名横綱 千代の富士関。

舞の海関や最近ですと、翠富士はソップ型の代表ですね。


力士の体脂肪率の嘘、低い、高い、平均のまとめ

力士の体脂肪率についてのまとめです。

  • 力士の体脂肪率は決して低くない
  • 千代の富士など、まれに体脂肪率10%の力士がいる
  • 体脂肪率の平均は32.5%

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました